スポンサーサイト

涼しい寝顔

今年の7月末、とても暑かった日母のベッドの後ろでスヤスヤとお昼寝のモモ窓は開けているものの、風は部屋の中には少しも入らずシャッターを押すたびに私の額から次から次へと汗が流れ出し、目に入って沁みてくるのにも堪えながら、何度も撮っていたことを思い出す当のモモは、どうかした?と、目が覚めても涼しい顔こんなに毛をまとっているのに暑くないのだろうか?と不思議モモは夏の間、ずっとここで寝ていたようですすっかり...

Read More

「北の国から」2012

美瑛での激しい雨に心が折れてしまい、札幌へUターンしたもののなんとなく物足りなさを感じているところに私の心を察したのか、「富良野の森の時計で珈琲でも飲んでいくか?」という主人からの提案ですっかりその気になり、富良野へ向かいました新富良野ホテルの敷地内に「森の時計」があるのですが駐車場の近くに見慣れない、昭和のにおいプンプンの建物が一軒「富良野ドラマ館」という立て看板が掲げられています後で知りました...

Read More

哲学の秋

美瑛には、名前のついた木がいくつかありますが私が好きな木は、この「哲学の木」ちょっと首をかしげるように立っていますどこにでもありそうな木なのにめまぐるしく変わっていく空と美瑛の大地が加わると、不思議とこの木をとりまく世界が特別な世界に見えてくるなぜかわからないけど、とても魅かれる木なのですこれから迎える「哲学の木」の秋他の季節での表情も見てみたい気がしますさて、お昼過ぎに雨がよりいっそう激しくなっ...

Read More

手を伸ばせば届きそうな雲

手を伸ばせば届きそうな雲雨上がりにマイルドセブンの丘を通り過ぎ登りきった場所でこういう風景に出会いました今まで見たことがないような厚い雲が地上まで迫ってくるような迫力今日はやっぱり来てよかったな、って思えた瞬間でした  いつも応援ありがとう~♪   励みになってます☆...

Read More

セブンスターの木

到着した美瑛でもやはり雨でしたふと遠くを見ると雨が激しくなってきても畑を守るためトラクターを動かし黙々と作業を続けるおとうさん達その姿を見守るように佇んでいるセブンスターの木がんばれ がんばれ、と励ましているかのように・・・  いつも応援ありがとう~♪   励みになってます☆...

Read More

雨の千望峠

道を少し進んだだけで、雨傘をささなければならないほどの雨でも雨の空は曇り空とは限らないこういうきれいな空も見えるんだね  いつも応援ありがとう~♪   励みになってます☆...

Read More

いざ美瑛へ

今週のはじめ、早朝に美瑛へ向かいました札幌は雨でしたが、予報では美瑛は曇り主人は、予報を見ながら出発直前まで迷っていましたが、あれこれ準備をしたあと眠りについたのが出発の2時間前だった私もう気持ちは完全に行く気満々まぁ、悪天候であったとしてもそれはそれで楽しめるのではないかと雨が降っているせいもあってか走行している車はほとんどなく札幌から岩見沢あたりまで最速時間で通過雨が止み、富良野より少し手前で...

Read More

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。